いしだえほんとは

原稿作成のご案内

原稿作成のご案内

▽各入稿コースでご用意いただくもの
▽ページ構成について
▽本文原稿
▽表紙原稿

各入稿コースでご用意いただくもの

完全データでご入稿される場合

お使いのソフトから、pdf化または画像出力(jpg,png等)を行ったデータをご入稿ください。
下記「作品に使用するフォント(字体)について」でご案内の内容にご注意ください。
 
印刷用途の原稿データ作成に詳しい方は、トンボを指定したpsdデータ、aiデータといったオリジナルデータのご入稿にも対応をいたします。
Adobe社ソフトのpsd、ai以外のデータ形式についてはご対応いたしておりませんのでご了承ください。
 

フォント変換を行うデータ入稿の場合

お使いのソフトから、pdf化または画像出力(jpg,png等)を行ったデータをご入稿ください。
商用利用可能なフォントライセンスをお持ちでない場合、弊社でライセンスを所持しているフォントに変換を行ないます。
「フォントあり」のデータと「フォントなし」のデータの両方をご用意ください。
 
印刷用途の原稿データ作成に詳しい方は、トンボを指定したpsdデータ、aiデータといったオリジナルデータをご入稿ください。文章はアウトライン化前の状態で作成ください。
Adobe社ソフトのpsd、ai以外のデータ形式についてはご対応いたしておりませんのでご了承ください。
 

作品に使用するフォント(字体)について

出版商用利用の際には、文章テキストに使用するフォントについて商用利用可能なライセンス許諾がされている必要がございます。一般的なパソコンにインストールされているフォントには商用利用を想定されたライセンス許諾がされていない場合がございますので、作家様ご自身にてご確認をくださいますようお願いいたします。
 
また、インターネットで公開配布されているフォントの中で、商用利用が可能なライセンス許諾をされているものを使用いただくといった方法もございます。
作家様ご自身での確認が難しい場合は、「データ入稿フォント変換コース」にてお申し込みください。

紙原稿でご入稿の場合

原画を直接ご郵送ください。弊社でスキャニングを行い、データの作成作業を行います。
仕上がりはA5サイズとなりますが、データとして取り込んだ後に拡大縮小やレイアウト調整を行いますので厳密に原寸でなくとも構いません。
タテヨコの比率がA版と異なる場合は上下左右のどちらかを切り落とすか、あるいは原画に余白を設けるといった方法で対応をさせていただきます。
 
絵と文章を別ページにセットで構成する作品も多くありますが、絵の上に文章を入れ込むレイアウトをご希望の場合は記載箇所をトレーシングペーパーなどで指示ください。
コピーなどで仕上がり見本をお作りいただくと原稿作業の進行がスムーズとなります。
 
本文の文章についてはテキストデータ(ワードファイル、txtファイルなど)をご用意いただきメールに添付いただくか、メールでの文章直打ちにてなんらかのデータ形式でご用意ください。
手書きの文章から弊社文字起こしについては有料のオプションにてご対応いたします。

ページ構成について

対応ページ数

本文原稿は最小14ページから最大58ページまで対応いたします。ページ数により書籍の販売価格が変動いたしますが、プロジェクトのサービス利用料金は同一となります。
ページ数が少なすぎるとハードカバーでの本の形を保つことが難しくなるため、14ページより少ない形でお作りはできませんが、編集構成にて増ページを行うことは比較的容易です。ご相談ください。
 
【ページ数の数え方】
・表紙は本文ページに入りません。
・本を開いた片側で1ページ、見開きで2ページとなります。
・始まりの見開きは片側を白紙とし、片ページとなります(いわゆる「扉ページ」。ご用意が難しい場合は表紙と同じ原稿を使用します)。
・終わりのページも同様に片ページとなります(こちらは「奥付ページ」となると想定ください)。
 
ページ割付
 

本の開き方向

本の開き方向の指定は以下のようになります。この他にカレンダーのように上側に開く「天開き(天綴じ)」という方法もございます。
 
文章が横書きで左から右方向へ読む本…左開き(左綴じ・表紙を見ると左側が背表紙となる)
左開き
 
文章が縦書きで右から左方向へ読む本…右開き(右綴じ・表紙を見ると右側が背表紙となる)
右開き

奥付

出版物の慣例として、本文の最終ページに書誌情報を記載する奥付ページを入れる必要があります。
こちらは弊社のフォーマットでご用意いたしますので、最終ページに入るものとしてご想定ください。
 
奥付画像
 

本文原稿

印刷原稿は仕上げの際に周囲を断裁して整えます。本の端いっぱいに印刷を乗せる場合は、余白数ミリ程度が切り落とされることを想定の上で作成ください。
レイアウトの微調整を弊社で行う場合もありますが、原画の端ギリギリに文章や重要な絵を配置しないことが必要になるとお考えください。
 
塗り足し
見開き

表紙原稿

ハードカバー本の表紙は用紙を厚みのある部材に巻きつける形で作成されます。そのため、表紙原稿は周囲を折り込むことを想定し、15mm程度の大きな余白スペースをご用意ください。
配置の調整を弊社スタッフが行わせていただきます。
また、背表紙側の数ミリ幅に開きをよくするためのミゾ加工が施され、凹んだ形になります。

オモテ表紙

表紙には【タイトル】【作者名】を表記いたします。
タイトルのデザイン作成は行っておりませんが、単純なフォント入力といった形でよろしければ無償で作成をいたします。
記載位置や大きさをご指定ください。
 
オモテ表紙

背表紙

背表紙幅はページ数により7~15mm程度となります。こちらにも【タイトル】【作者名】を表記いたします。
基本的には弊社がフォント入力にて作成いたしますが、縦書きのデザインで背表紙原稿をお作りいただければ、レイアウト調整をさせていただきます。
また、ワンポイントのイラストを入れ込むことも可能ですので、ご希望の場合はご用意ください。

ウラ表紙

出版流通上必要となるバーコードを印刷いたします。バーコードの位置は図書コードの規格により指定されており、本の上部「背表紙側」に配置されます。
左開きの場合は右上、右開きの場合は左上となります。
 
ウラ表紙